肌の気になる部分をカバーするコンシーラー

肌の気になる部分をカバーするコンシーラーの情報を紹介しています。

コンシーラーの正しい使い方

シミやクマなど、肌の粗をカバーしたいといった時に重宝されるコンシーラー。 皆さんは、そのコンシーラーの正しい使い方をご存知でしょうか。 正しく使えていないと、シミやクマなどの粗を目立たなくさせることができず、コンシーラーの意味がなくなってしまいます。

テレビに出ている女優さんや女性アナウンサーのように、肌をキレイに見せるためにも、正しい使い方をしましょう。 こちらのページでは、コンシーラーの正しい使い方と注意点についてご紹介したいと思います。

まず、肌のカバーしたい部分にコンシーラーを乗せます。 それから、その部分を指でトントンと叩くようにしながら、周りと馴染ませていくだけです。 この後は、必要に応じてフェイスパウダーをつけるようにしましょう。

コンシーラーは、使用する部分や気になる部分の色の濃さによって、使い分けるのがおすすめです。 例えばクマをカバーしたいといった場合には、目の周りは皮膚が薄いので、皮膚に負担の掛からない柔らかいコンシーラーを使用する、カバーしたいシミの色が濃い場合は、カバー力の強いスティックタイプやペンシルタイプのコンシーラーを使用する、といった感じで使い分けましょう。

最後にコンシーラーを使用する際の注意点ですが、コンシーラーを馴染ませる時に、肌を擦るようにしてしまうと、肌に負担を掛けてしまうので、肌を擦らないように気をつけましょう。 また、まだ治っていないニキビや吹き出物をカバーするのは、ニキビや吹き出物の悪化を招くので、このような場合はコンシーラーの使用は避けたほうが良いでしょう。