肌の気になる部分をカバーするコンシーラー

肌の気になる部分をカバーするコンシーラーの情報を紹介しています。

コンシーラーでクマをカバー

目の下にできるクマ、厄介ですよね。 クマができると、周りに不健康な印象や老けた印象など、マイナスな印象を与えてしまうきっかけとなるので、できてしまった時というのは、あまり良い気がしないものです。 クマができる原因としては、睡眠不足・ストレス・血行不良・喫煙などであるため、生活習慣を見直していくことも大切ですが、やむを得ずクマができてしまった場合は、コンシーラーを上手に使ってクマをカバーしましょう。

一言に「クマ」といっても、色素沈着によって起こる「茶クマ」と、血行不良によって起こる「青クマ」の2種類があります。 茶クマの場合はイエロー系のコンシーラー、青クマの場合はオレンジ系やピンク系のコンシーラーをそれぞれ使用して、クマをカバーするようにします。 目の周りは皮膚が薄いので、できればリキッドタイプのコンシーラー(中でもチップタイプがおすすめ)の使用がおすすめです。

クマのカバーの仕方ですが、コンシーラーを肌に直接つけるのではなく、まずは一度指に取ってから、カバーしたい部分にトントンと乗せていくようにしましょう。 目元は、表情の変化によって筋肉が動きやすい部分なので、厚塗りするとよれてしまうので気をつけて下さい。